プロップファーム(Fintokei・alpha capital group)の税金について詳しく解説!!

その他

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。 また当サイトが発信している情報は日本国外の居住者を対象としたものであり、国内居住者を対象としたものではありません。

はじめに

プロップファームでのトレーディングは、多くのトレーダーにとって魅力的なキャリアパスです。

しかし、トレーディングによる収益には税金がかかるため、税務処理を正しく理解しておくことが重要です。

本記事では、プロップファームでの税金に関する基本的な知識を提供し、トレーダーの皆様が適切に税務処理を行えるようにお手伝いします。

ですが、私は税務のプロではありませんので、より詳しいことを知りたいという方は税理士に直接相談することをおすすめします。

プロップファームの収益とは?

プロップファームでの収益は、トレーディング活動から得られる利益です。

トレーダーは、プロップファームから提供される資金を使って取引を行い、利益を分配する形で報酬を得ます。

この報酬は給与所得事業所得そして雑所得として扱われることが一般的です。

税務上の分類

プロップファームでの収益がどのように分類されるかは、国や地域によって異なります。以下に一般的な分類とその特徴を示します。

1. 給与所得

プロップファームがトレーダーを従業員として雇用している場合、得られる収益は給与所得として扱われます。

しかしながら、現在の日本で従業員としてプロップファームに雇われるのは非常に難しいので、多くの人は給与所得としては扱われないと思います。

2. 事業所得

独立した契約トレーダーとしてプロップファームと契約している場合、収益は事業所得として扱われます。

事業所得の場合、青色申告を選択することもできるようになり、様々な控除を受けることが可能です。

しかしながら、事業所得として認められるには、年間を通じて継続的に利益を上げ、ある程度の収入が必要になります。

3. 雑所得

専業トレーダーではなく、副業としてプロップトレーダーをやっている場合、その報酬は雑所得として扱われます。

本業の仕事の給料のほうが、プロップトレードの収入より多い時などは、雑所得として扱われる可能性が高いでしょう。

給与所得として扱えない場合、以下の場合は確定申告が必要になります。

副業の場合:収入が年間20万円を超えた時

本業の場合:収入が年間48万円を超えた時

サラリーマンなどの方は副業扱いとなるので年間20万円、学生や専業主婦の方は本業扱いとなるので年間48万円を超えなければ確定申告の必要はありません。

税務申告のポイント

プロップファームでの収益に対する税務申告にはいくつかのポイントがあります。以下に主要なポイントを挙げます。

1. 収益の記録

すべてのトレーディング活動の収益と損失を詳細に記録することが重要です。これにより、正確な税務申告が可能になります。

2. 経費の計上

トレーディングに関連する経費(例:トレーディングソフトウェアの費用、インターネット費用、事務用品費など)を適切に計上することができます。これにより、課税所得を減少させることができます。

FXに関連のあるものだけを経費計上しましょう

しかしながら、最終的には税務署が経費計上できるかの判断を行います。

ですのでFX関連での経費であることを証明できるようにレシート領収書は保管しておくことをお勧めします。

そして確定申告が終わったとしても、税務署から指摘が入る場合もあるので、経費証明できるものは保管しておきましょう。

原則として、確定申告の後でも領収書は5~7年の保管義務があるので注意が必要です。

3. 税理士の相談

プロップファームでの収益に対する税務処理は、非常に複雑で多岐にわたる場合があります。

個々の状況によって異なる最適な税務処理方法を見つけるためには、専門知識と経験が必要です。

税務処理に関する誤解やミスを避けるためにも、早めに税理士に相談し、プロップファームの収益に関する具体的な内容について問い合わせることをお勧めします。

これにより、将来的な税務リスクを軽減し、収益を最大限に活用することが可能になります。

おすすめのプロップファーム

1. Fintokei(フィントケイ)

Fintokei公式サイトのトップ画像
引用(トレードの未来を体験しよう – Fintokei

フィントケイは用意された2つのステップの合格することで、最大5000万円もの資金を運用することができるシステムのことです。

運用した利益の80%を報酬として受け取ることができます。

さらにフィントケイのシステムを使い継続的に利益を出し続けると、スケーリングプランにより口座資金を最大5億円に増やしてもらうことが可能になり、利益の95%を報酬として受け取ることができます。

👈Fintokeiについて詳しく知りたい方はこちら

2. alpha capital group(アルファキャピタルグループ)

alpha capital group 公式サイトのトップ画像
引用:Alpha Capital (alphacapitalgroup.uk)

アルファキャピタルグループはイギリスのロンドンに本社を置くプロップファームです。

2つのステップの合格することにより、最大3500万円もの資金を運用することができ、利益の80%を報酬として受け取ることのできるシステムのことです。

フィントケイとの違いは取引手数料が無料ということです。スキャルピングをされている方にはおすすめです。

👈alpha capital group について知りたい方はこちら