FXは資金管理だけで勝てる/勝率50%/リスクリワード1対1

その他

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。 また当サイトが発信している情報は日本国外の居住者を対象としたものであり、国内居住者を対象としたものではありません。


FXは本当に資金管理だけで勝てるのか
そもそも資金管理ってなに?

こんな疑問を持っている人は多いと思います。

実際、私もFXを始めた時は [FX 資金管理だけで勝つ方法] みたいな感じでググったりしてました。

でも、調べても調べても大した情報がありませんでした。

例えば、FXで勝つにはハイレバレッジ取引をしないこと、一定のリスクで取引をするとか、リスクリワードがいい取引をするなどです。

でもこんな情報だけでは勝てないじゃないかと、ずっと思っていました。

過去検証をずっとしていたら分かることですが、リスクリワードのいい取引を求めれば求めるほど勝率は下がっていきます。大抵の手法はリスクリワード1対1に固定して取引をすると勝率は50%近くに集約します。

本記事では、そんな普通の手法でも資金管理を使えば、利益が残るということについて解説したいと思います。

大前提
  • 損切りと利確位置を取引する前にあらかじめ決めておく。(損切り貧乏防止)
  • 自分の取引ルールを絶対に守る。
    過去検証をたくさん行うことが大切。

勝率50%/リスクリワード1対1で証拠金が減る資金管理

多くの初心者トレーダーが取り入れる資金管理というと、一番初めの証拠金に対して一定のリスクをとるものです。ですがこれでは、資金管理だけで勝つことは出来ず、手法の完成度に依拠したものになります。勝率50%の事象で考えたいと思います。

勝敗勝ち負け
損益+5000円-5250円
証拠金105000円99750円
初めの証拠金を100000円と仮定したとき、一定のリスク5%をかけることとする

一定のリスクをかけているのだから勝率50%なら証拠金は変動しないと思いがちなのですが、上の表を見ると、先に勝つことで証拠金が増えることにより、次の負けの損失額が大きくなるので勝率50%でも資金は減ることはあります。

勝敗負け勝ち
損益-5000円+4750円
証拠金95000円99750円
初めの証拠金を100000円と仮定したとき、一定のリスク5%をかけることとする

次は同じ勝率50%ですが勝ちと負けの順番を変えてみました。こちらでは先に負けることによって証拠金が減り、次の勝ちの利益が少なくなり、勝率50%なのに資金は減りました。これらのように一定のリスクを掛けているつもりでも、前後の勝敗で実質的な掛け金が変動するので勝率50%なのに資金が減ってしまうのです。下にもう少し長めの勝率50%の配列の例を書いておきます。

勝敗勝ち負け負け勝ち勝ち負け勝ち負け負け勝ち
損益5000-5250-498847384975-52234962-5210-49504702
証拠金1050099750947629950010447599252104214990049405498756
初めの証拠金を100000円と仮定したとき、一定のリスク5%をかけることとする

勝率50%/リスクリワード1対1で証拠金が一定の資金管理

次は勝率50%/リスクリワード1対1で資金が一定の考え方について解説します。

勝敗勝ち勝ち負け勝ち負け負け勝ち勝ち負け負け
損益50005000-50005000-5000-500050005000-5000-5000
証拠金105000110000105000110000105000100000105000110000105000100000
初めの証拠金を100000円に対して5%のリスクをかけることとする

上の表は一番初めの証拠金100000円に対して5%のリスクを取り続けた時の表です。御覧の通り、このようにリスクを取り続けることによって勝率50%なのに資金が減ることを防ぐことができます。

勝率50%/リスクリワード1対1で証拠金が増える資金管理

これまでは、一定のリスクを取り続けるやり方を紹介しましたが、いずれも手法のクオリティーが高くないと資金が増えないものでした。以下に勝率50%/リスクリワード1対1でも資金が増えるやり方を紹介します。

勝敗負け勝ち
損益-50005500
証拠金95000100500
初めの証拠金100000円に対してリスク5%を取り、勝ったらリスクを0.5%下げ、負けたらリスクを0.5%上げる

上の表で分かる通り、負けたらリスクを上げて、勝ったらリスクを下げることで勝率50%でも証拠金を増やすことができます。

勝敗負け勝ち負け勝ち勝ち負け負け勝ち負け勝ち
損益-50005500-500055005000-4500-50005500-50005500
証拠金95000100500955001010001060001015009650010200097000102500
初めの証拠金100000円に対してリスク5%を取り、勝ったらリスクを0.5%下げ、負けたらリスクを0.5%上げる

この資金管理は手法のクオリティーがそこまで高くなくても、利益を出すことができるのでとてもおすすめです。ですがこの資金管理は連敗が重なりすぎると口座破産に至る可能性があるので過去検証ツールを使用して自分の手法がどれだけ負けるのかを検証することがとても大切です。

プロップファームで得た資金をこの資金管理を使って、自分の口座で増やすことで資金効率がかなり上がるのでおすすめです。

Forex Tester6 + データサービス セール中!|ForexTesterSoftware(送料無料)
Forex Tester6 + データサービス セール中! 19,360円(税込)から Forex Tester5はシミュレーションソフトです。ロウソク足データを取り込み、チャートを再現します。実際のマーケットを見ているように動き、エントリ...

まとめ

今回は勝率が50%、リスクリワード1対1の時にどのような資金管理をすれば利益につながるのかを話しました。

勝率50%,リスクリワード1対1の時
❶ずっと同じリスクで取引を続ける 勝率が50%になった時に資金は減っている
❷初めの証拠金に対して同じリスク 勝率が50%になった時、資金の変動なし
❸負けたらリスクを増やし、勝ったらリスクを下げる 勝率50%になった時、資金は増える

このように負けたらリスクを増やして、勝ったらリスクを下げるのが一番いいと思います。

当サイトは、プロップファームを紹介していますが、この資金管理はもしかしたらマーチンゲール法に見なされるちゃうかもしれないので注意が必要です。

でも、普通のFXの取引では何の問題もないので参考にしてくださいね。