Fintokei(フィントケイ)でのチャレンジはリスクリワード1:13!

Fintokei

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。 また当サイトが発信している情報は日本国外の居住者を対象としたものであり、国内居住者を対象としたものではありません。


FX取引をしていたら、リスクリワードという言葉を耳にすると思います。

リスクリワードとは

1回の取引における損失と利益の比率。リスクリワードの良い手法(損小利大の手法)の場合、勝率が低くても利益を残すことができる。

ほとんどの人は手法を作っていく時にリスクリワードのいい手法を追い求めますが、なかなかできません。

私も過去検証を長い間やってきましたが、リスクリワードのいい手法なんてほとんどできませんでした。

でもそんな手法がなくてもお金を稼ぐことができるものを見つけました。プロップファームです。

本記事ではFintokei(フィントケイ)でのチャレンジプランがどれだけ高コスパの取引なのかを紹介していこうと思います。

6種類のチャレンジプランと速攻プロプランについて

Fintokei(フィントケイ)には2つのプランが用意されています。チャレンジプランと速攻プロプランです。

速攻プロプランではお金を払うとすぐに本物の口座を用意してもらうことができます。

しかし、口座の初期資金が少ないのに加えて、利益の5割しか得ることができないのでおすすめできません。

チャレンジプランでは6種類のプランが用意されています。

プラン名クリスタルパールルビーサファイアトパーズエメラルド
初期資金200万円500万円1000万円2000万円3500万円5000万円
利益目標(ステップ1)8%8%8%8%8%8%
利益目標(ステップ2)5%5%5%5%5%5%
1日の最大損失率5%5%5%5%5%5%
全体の損失率10%10%10%10%10%10%
利益分配率80%80%80%80%80%80%
チャレンジ料金2万1800円3万6800円6万9800円9万9800円17万3800円23万9800円

上の表を見て分かる通り、まずステップ1は初期資金の8%を増やすことで合格できます。

ステップ1に合格するとステップ2は初期資金の5%を増やすことが合格条件と難易度はやや下がります。

そして無事にステップ2に合格することでプロトレーダー認定書と一緒にプランに応じた資金の入った口座のログインIDとパスワードが送られてきます。

\最大5000万円の資金を運用できる/
※クーポンコード【FINTO10KEI】を使用すると10%OFF

Fintokei(フィントケイ)でのチャレンジはリスクリワード1:13?

フィントケイでのチャレンジが高リスクリワードである仕組みを最も人気なプランであるサファイアプラン(初期資金2000万円)(チャレンジ料金9万9800円)で解説しようと思います。

チャレンジ回数
成功した時に残る利益128万円118万200円108万200円98万600円88万800円
失敗した時の累計損失額-9万9800円-19万9800円-29万9400円-39万9200円-49万9000円
678910111213
78万1000円68万1200円58万1400円48万1600円38万1800円28万2000円18万2200円8万2400円
-59万8800円-69万8600円-79万8400円-89万8200円-99万8000円-109万7800円-119万7600円
  • 成功の定義・・・・ステップ1,2をクリアしてステップ1と同じように利益の8%を出金すること
  • 失敗の定義・・・・ステップ1,2どちらかに落ちる、もしくは合格した後に再度失格となり出金ができないこと
  • 出金した時の利益・・・・利益の8%(160万)を出金した時、そのうちの8割(残り2割は会社分)である128万円

上の表を見て分かる通り、仮に12回チャレンジに失敗、または出金に失敗したとしても13回目に成功したら利益がでます

これが私がFintokei(フィントケイ)でのチャレンジがリスクリワード1:13だと考えた所以です。

またチャレンジ料金は初回出金時にお祝い金として返還されますし、チャレンジ料金はクーポンコード『FINT10KEI』を入力することで10%オフになるので、さらにリスクリワードは良くなると考えます。

👈登録方法~プラン購入までを知りたい方

Fintokei(フィントケイ)は国税庁に登録されている?安全?

結論から言うと、Fintokei(フィントケイ)は安全です。現在の日本ではプロップファームという仕組みが浸透していませんが、欧州や米国ではある程度普及しております。日本では2023年の1月からサービスを開始しました。国税庁の登録国外事業者名簿にも登録されているので安心です。

国税庁の登録国外事業者名簿の画像
引用:2023年,国税庁,(https://www.nta.go.jp/publication/pamph/shohi/cross/touroku.pdf

まとめ

今回は、Fintokei のチャレンジがどれほど高コスパなのかを話しました。

今回はエメラルドプランで解説しましたが、12回もチャレンジに失敗したとしても1回でも8%の出金ができたら利益が残るというのは、めちゃくちゃすごいと思います。

もちろん、13回目以内に出金に成功したら、利益は多くなります。

ぜひチャレンジしてみてください。

\最大5000万円の資金を運用できる/
※クーポンコード【FINTO10KEI】を使用すると10%OFF