トレーダーの皆様へ!

\今話題のプロップファームの特集記事をご覧ください/

プロップファーム一覧はこちらから

トップページ

\完全無料・条件なし/

プロップファームランキング
個人的にプロップファーム業者を格付けしました

Fintokei
フィントケイの画像

Fintokeiはトレーダーの評価と教育を行う会社です。自己資金が不足していても、用意されたチャレンジに合格することで最大5000万円の資金を運用、利益の80%を受け取ることができます。さらに継続的に利益を出すとスケーリングプランにより、最大運用資金5億円、利益分配率95%まで上げることができます。チャレンジの難易度は やや優しい~平均的 です。日本語対応しており、無料トライアルもあるので初めてのプロップファームにはおすすめです。

alpha capita group
アルファキャピタルグループの画像

イギリスのロンドンに支社を置くプロップファームです。チャレンジに合格することで最大資金3500万円を運用することができ、利益の80%を受け取ることができます。さらにFintokeiと同様にスケーリングプランを用意しており、最大資金を3億円まで増やすことができます。alpha capital group の最大のメリットは取引手数料が無料だということです。チャレンジの難易度は やや優しい です。しかしながら、まだ日本語対応はしておらずGoogle翻訳に頼らないといけないのが難点です。Fintokeiの取引手数料に不満を感じる方におすすめしたいです。

Instant Funding

Instant Fundingはチャレンジなしで多くの資金を受け取ることができる速攻プロプランに力を入れているプロップファームです。私的には、Fintokeiで速攻プロプランを買うよりInstant Fundingで速攻プロプランを買うほうがおすすめだと思います。有料のチャレンジプランもあるにはあるのですが、その分野においてはFintokeiやalpha capital groupのほうが優れていると思います。有料チャレンジなんかめんどくさいと思う方にはおすすめのプロップファームだと思います。詳細ページに割引クーポンコードも載せてあるので、ぜひ活用してみてください!

Axi Select
説明画像

Axi select は、オーストラリアに拠点を置く海外FXのブローカーである 「Axi」 が長期的な運用を任せることができるトレーダーを発掘する仕組みのことです。最大の魅力は参加料金がかからないということです。初めに口座に500ドルを入れて、リアル口座で取引を行います。Axi select では6つの評価ステージが準備されており、ステージが上がるにつれて待遇が良くなります。しかしながら、一番上のステージに到達するためには最低270日かかったり、1か月の最低取引回数が準備されているなどのデメリットもあります。ゆっくりコツコツやりたい方におすすめです。

FTMO
説明画像

FTMOは2015年以来プロップファームの事業を展開しているプロップファームです。FTMOはチャレンジ料金は Fintokei や alpha capital group に比べると少し割高です。達成難易度は 平均的~やや難 です。日本語対応もしていないので、プロップファームが乱立してきているこの時代にFTMOを選ぶ理由は少ないでしょう。ただ2015年から事業を展開しており、ほかのプロップファームに比べ、歴史があるので安全性を重視したい方にはおすすめです。


✔新着記事はこちら
\常に新しい記事を公開しています/


✔人気記事ランキング
当ブログでよく読まれている記事です


FXトレードを始めて4年目になります。トレード1年目収益大赤字→トレード2年目の収益はほとんどプラスマイナス0→トレード3年目でようやく収益黒字化達!。資金管理を用いることで収益を出すことができました。トレード4年目からはプロップトレードに挑戦しています。トレードをしていく中で得た知識やプロップファームに関する情報をどんどん発信していきます!!

FX-プロップファーム大全をフォローする

✔お問い合わせ

    alpha capital group Fintokei FTMO よくある質問 アカウント開設 クーポンコード スケーリング チャレンジプラン プラン購入 プロップファーム 取引口座概要 合格条件 失格条件 料金プラン 登録方法 速攻プロプラン

    ※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。 また当サイトが発信している情報は日本国外の居住者を対象としたものであり、国内居住者を対象としたものではありません。 【FXプロップファーム大全】はリンクフリーです。 リンクを行う際の許可や連絡は不要です。 リンク設定の際には、「https://fx-propfirm.com/」へのリンクであることを記載してください。 (引用についても同様)